世界の青木功が、池田勇太が、時松隆光が来場

7月7日ー9日に開催された、日本ゴルフツアー機構(JGTO)主催のAbemaTVツアー「ジャパンプレーヤーズ チャンピオンシップ チャレンジツアー」が無事終了しました。優勝は14アンダーで28歳杉山知靖プロが見事初優勝を飾りました。この大会はシード権を持たない選手が明日のツアー選手を目指した大会。シード権を持たないからと言って、誰でも出場できるわけではありません。夏からクオリファイトーナメントという、全国各会場にて1次予選会がスタートして、12月の6次予選となるファイナルステージの上位144名しかこの大会に出場できません。約1500人の中のたった144名です。この過酷な試練を乗り越えてきた優勝者だけにツアーに出場して、すぐに優勝してもおかしくはありません。また近年男子プロの技術向上は著しいものがあります。

そしてこの大会のコースディレクターとなる『池田勇太プロ』、選手会長の『時松隆光プロ』もきたかみカントリークラブ入り。そしてあの『界の青木功プロ』も最終日には会場入り。さすがに青木プロがいるとピリッと空気が引き締まる。しかし若手選手に技術、精神面などアドバイスする姿は超一流の風格。アドバイスされた若手選手の真剣に聞き入れる姿に明日の未来を感じました。近日きたかみカントリークラブHPのトップページ動画にて青木プロの動画をアップしていきます。

なんと青木功プロがスコアカードを渡すスターターにサプライズ登場

世界の青木功プロと選手会長の時松隆光プロが見つめる中、選手はスタート。緊張する事でしょう。