プレーオフの末、平井プロが優勝。丸山プロサイン会。

大会初日は晴天。最終日は朝から雷雨。スタートを2時間遅らせましたが、競技委員から中止の発表と、初日トップの「平井利光プロ」と、ツアー1勝している「藤島豊和プロ」の2名によるプレーオフが行われると発表がされました。スタートは11時45分から1番、9番、10番、18番の4ホールの合計スコアで優勝を決定します。結果は4ホールで決着がつかず、サドンデスに突入。その1ホール目、豊島プロはセカンドをグリーンの左に。平井プロはピン横につくもバックスピンでピン10m。豊島プロは2mに寄せたアプローチが入らずのボギー。それに対し平井プロのファーストパットは1mの横のラインを残した。その緊張するパットを沈めてパー。嬉しい初優勝を飾りました。

また大会は中止となりプレーオフのみとなりましたが、朝から多くのギャラリーの皆様が観戦に来ていただきました。プレーオフのスタートは11:45分、そこまで残って観戦していただいた皆様、またお帰りになられた皆様も、悪天候のなかありがとうございました。中止が決定された直後から「丸山茂樹プロ」「片山晋呉プロ」「宮本勝昌プロ」によるサイン会、写真会が急遽クラブハウス内で行われました。3名のプロも「2日間プレーをやりたかった」「岩手のゴルフファンにいいプレーを魅せたかった」とコメント。何かしたいという思いからサイン会が急遽開催となりました。また来年開催しますので、そのサインを持ってプレーを観に来たください。観戦に来て頂いた方も、お帰りになられた方も本当にありがとうございました。