info@kitakamicc.jp
 

《北上カントリークラブ規約》

第一章 総則

第1条

本クラブは、北上カントリークラブ(以下クラブという)と称する。

第2条

本クラブは株式会社チュウケイ本社(以下会社という)が、岩手県北上市和賀町に所有するゴルフ場の施設を利用し、健全なゴルフの普及発展と会員相互の親睦をはかることを目的とする。

第3条

本クラブの事務所を株式会社チュウケイ本社(北上カントリークラブ)内に置く。

第二章 会員

第4条

本クラブに入会しようとする者は、理事会に対し別に定める入会申込書を提出し、会社及び理事会の承認を受けた後、会社に対し入会金及び入会保証金を預託しなければならない。尚、入会金及び入会保証金の額は別に定めるものとする。

第5条

本クラブの会員は以下の通りとする。
(1)特別会員
(2)個人正会員
(3)法人正会員

第6条

特別会員は会社又はクラブの推薦によって入会が認められた者をいう。

第7条

個人正会員は所定の手続きによって入会した個人会員をいう。

第8条

法人正会員は記名式とし、会社その他法公団体の届出により、登録された会員をいう。

第9条

特別会員、個人正会員、法人正会員は、いずれも登録された本人に限り有効とする。

第10条

会員は次の特典を受けることが出来る。
(1)諸催し及びコースへの別に定める料金をもっての優先参加。
(2)ビジターの紹介。

第11条

会員は本クラブの諸規約並びに理事会の決定を守るとともに、会員名義を他に貸与したり、本クラブの秩序を乱し、名誉を傷つけるなどの行為をしてはならない。

第三章 役員及び理事会

第12条

本クラブに次の役員を置く。
 1.理事長
 2.副理事長
 3.常任理事
 4.理事
 5.監事
 6.顧問
(1)役員は全て名誉職とし、その任期2ヶ年とするが、再任を妨げない。
(2)理事及び監事は、特別会員、正会員並びに会社役員の中から会社が委嘱する。
(3)顧問は理事会の推薦により委嘱することができる。

第13条

理事長、副理事長及び常任理事は、理事の互選によって決める。
(1)理事長は本クラブを代表して会務を統括する。
(2)理事長に事故あるときは、副理事長が代行し、副理事長に事故あるときは常任理事又は理事がこれに当る。

第14条

理事は理事会を構成し、本クラブの重要な業務の執行を決定する。

第15条

理事会は理事長が招集する。
(1)理事会の議長は理事長が行い、理事長に事故ある場合は副理事長又は常任理事が代行する。
(2)理事会の議決は出席役員の過半数とし、賛否同数の場合は議長がこれを決める。
(3)理事会は分科委員会を設けることができる。分科委員会については別に定める。

第16条

監事は会務を監査し、理事会に報告する。

第17条

顧問は必要により、本クラブの運営について相談諮問に応ずる。

第四章 入会、退会と利用

第18条

入会を希望する者は、所定の様式をもって申し込み、会社及び理事会の承認を受けるものとする。

第19条

入会承認通知と請求書が到着後、支払い期日(入会承認通知発行日から10日)以内に、入会保証金を銀行振込にて納入しなければならない。
なお、入会金は返還しない。

第20条

預託保証金のある会員の退会については、以下の通りとする。
(1)平成27年8月時点の会員は、所定の様式をもっての退会の申し出により、同年の民事再生の認可決定によって確定された弁済額の返還をする。
(2)平成27年9月以降の名義書換えによる入会者の預託保証金の返還は、その入会日から15年後とし、その後の申し出により会社は理事会と協議した上で、預り金証書と引換えに払込額を限度として返還する。
上記の返還の際、諸支払に未納ある場合は、その額を相殺して返還するものとし、会員は預託保証金の返還をうけとると同時にその資格を失う。
また、預託保証金に利息及び配当金は付さない。

第21条

入会保証金の預託期間は、天災、地変その他クラブの運営上やむを得ない事由があるときは、理事会と会社が協議の上変更することができる。

第22条

会員は、会社に対し同社の定める方法にて所定の1年間の年会費を支払わなければならない。 また、 一旦納付された年会費は、いかなる理由があっても返金しない。

第23条

会員及び随伴者は、会社が定める利用約款を遵守しなければならない。
会員及び随伴者は、施設内で以下の行為をしてはならない。
(1)建物、家具、備品、施設等の改造や破損をする行為
(2)建物、家具、備品、施設等を施設外に持ち出し、あるいは領得する行為。
(3)酔態を示し、あるいは高歌吟踊する等、他の利用者に迷惑を及ぼす行為。
(4)動物、ペット等を持ち込む行為。
(5)営業行為。
(6)塵芥、廃棄物を放置する行為。
(7)鉄砲刀剣類、爆発物等危険物を持ち込む行為。
(8)刺青(タトゥー等)をした者の浴場の利用
(9)その他、公序良俗に反する行為。
会員または随伴者が、施設内において第三者に故意または過失により損害を与えた場合、会員はその賠償責任を負うも のとし、会社は第三者に対し何らの義務を負わない。

第24条

次の該当する場合は利用はできない。またプレーの途中に判明した場合でも同様とする。
(1)暴力団等反社会的勢力に所属していると認められるとき。
(2)暴力団等反社会的勢力を同伴または紹介により入場させたとき。
(3)粗野な振舞い等、他のお客様に不快な思いをされる行為等や当ゴルフ場の業務遂行に支障をきたす行為等があった場合。
(4)法人でその役員のうちに暴力団等反社会的勢力に属する者がいるとき。

第25条

会員及び随伴者の故意又は過失により会社及び施設が損害を被ったときは、当該会員及び随伴者(随伴者による場合は当 該会員が連帯して)は会社に対し、その損害を賠償しなければならない。

第26条

会員は次の場合資格を失う。
(1)死亡又は法人たる母体の解散。
(2)退会、除名、権利の譲渡。
個人正会員が死亡した場合は、その相続人中1名が他の相続人の同意を得て、理事会並びに会社の承認の上、別に定める名義書換料を添えて、その資格を引き継ぐことができる。

第27条

会員が次の項に該当するときは、理事会の決議または会社の判断にて、除名又は一定期間会員としての権利を停止することができる。
(1)本クラブの規約に違反したと認められるとき。
(2)本クラブの名誉を傷つけ秩序を著しく乱す行為があった認められるとき。
(3)諸支払を3ヶ月以上滞納し、請求しても支払いに応じないとき。

第28条

会員が退会その他の事情により資格を失ったときは、本クラブ及び会社に対して何等権利を主張することはできない。

第五章 名義変更

第29条

特別会員は理由のいかんを問わず、その権利を他に移転することはできない。

第30条

正会員は、理事会及び会社の同意を得て他にその権利を譲渡することができる。この際譲渡受け人の入会要領は第1 8条を適用する。但し、会社は理事会の同意を得て必要に応じ一定の期聞を定めて譲渡を禁止することができる。

第31条

名義の書換え、登録名義人の変更に当たっては、所定の名義書換手数料を会社に納入しなければならない。

第32条

会社及び理事会は、名義の書換え、登録名義人の変更及び相続による登録申請があっても、良好なクラブの運営又は会社の運営上支障を生ずる者と認定される場合は、これを拒むことができる。

第六章 附則

第33条

本規約の改訂、廃止又は重要事項の変更については会社の承認を必要とする。

第34条

本規約の事項に疑義を生じたとき、又は本規約に定めのない事項は、会社の同意を得て理事会において決定する。

第35条

本規約において理事会発足前における理事会の業務は会社がそのすべてを代行する。

平成2年4月施行
平成7年11月改訂
平成27年9月改訂